SocialBusinessラボ

ソーシャルビジネスの大きな可能性
イントロダクション > 3.既存のツール

3.既存のツール

アメリカでは数多くのソーシャルビジネスを実現するためのツールが存在し雌雄を争っています。
ここでは、4つのカテゴリーに分けて、代表的なソーシャルビジネスツールを紹介します。

1.コラボレーションツール

社内のコミュニケーションを基本目的としたアプリケーションです。ソーシャルビジネスを実現するのに必要な基本的なツールです。
コラボレーションツール

2.モニタリング&解析ツール

ソーシャルメディアマーケティングの施策の第一歩は「市場の声」を聞くことです。Facebook、Twitter、blogなど様々なソーシャルメディアチャンネルの会話をモニタリングして、会社や新製品の評判を調査したり、影響力のあるユーザーの発掘など効果的なマーケティング施策実施のためのデータ解析を行うためのツールです。
モニタリング&解析ツール

3.ソーシャルメディアマネージメントツール

ソーシャルメディアマネージメントツールは、FacebookやTwitter、LinkedInなどのソーシャルメディアをワンストップで管理するツールです。アカウント管理から投稿、レポートまでを一元管理し、効率的かつスピーディにソーシャルネットワークにメッセージを発信・受信することが出来ます。
ソーシャルメディアマネージメントツール

4.ソーシャルCRM

ソーシャルCRMは顧客管理(CustomerRelationshipManagement)をソーシャルネットワークを使って行うアプリケーションです。「1.コラボレーションツール」と違って、社員と顧客とのコミュニケーションが中心となります。社内の適切な人間、部署が顧客からの問い合わせに迅速に対応できるばかりでなく、開発部門・研究部門と言った部署にまで顧客の声が届くので、こうした声を製品改良、新製品開発に反映させることが出来ます。
ソーシャルCRM

※次ページ移行で紹介するアプリケーションは、実際には上記1~4の機能のうち複数、或いは全ての機能を持っています。カテゴリー分けの判断は、そのアプリケーションの一番の売りは何か、または、現在では複数の機能を持っているが、公開当初のメイン機能は何だったかということを基準にしています。


Copyright © 2012 Syncimage All Rights Reserved.